言葉:ウェルガマ | TriangleSight.Net

詳細情報

  • 検索ワード
  • ウェルガマ

  • 最終更新者
  • 最終更新日時
  • 2017/05/10 05:27

  • タグ
  • メッセージ
  • ウェルガマ (Vargama) は、クラーク・アシュトン・スミスの小説『最後の象形文字』に登場する架空の神性。
    舞台となるゾティーク大陸最強の謎めいた鬼神と言われる秘められた神。自らを「運命」と名乗る。巨大な人の形をしており、大理石の椅子に座り、頭から頭巾を被り全身を覆い隠しており、中身がどのような姿であるのかの描写は無い。万物は全てこの神が記した象徴が物質化したものだという。人も動物も運命が終わればウェルガマの本のページを埋める文字に変えられてしまう。

"ウェルガマ" 寄稿者2一覧

編集者を閲覧する

関連動画

関連動画を検索する

関連画像

関連画像を検索する