言葉:コンファインド効果 | TriangleSight.Net

詳細情報

  • 検索ワード
  • コンファインド効果

  • 最終更新者
  • 最終更新日時
  • 2016/04/27 19:01

  • タグ
  • メッセージ
  • コンファインド効果(コンファインドこうか)は、コンクリートを軸圧縮する際、これを帯鉄筋(螺旋鉄筋)や鋼管で囲むことにより耐力靱性が向上する現象である。拘束効果とも呼ばれる。confinedは「閉じ込められた」という意味であり、コンファインド効果を期待できる帯鉄筋や鋼管に囲まれたコアコンクリートはコンファインド・コンクリートと呼ばれる。コンクリートに軸圧縮力が作用し内部の微細ひび割れが進展すると、コンクリートの体積は膨張する。螺旋鉄筋柱やCFT柱に軸圧縮力が作用すると、内部のコンクリートの膨張(すなわち微細ひび割れの進展)を妨げるような拘束力が作用するため、無拘束のコンクリートに比べて耐力が上昇する。

"コンファインド効果" 寄稿者3一覧

編集者を閲覧する

関連動画

関連動画を検索する

関連画像

関連画像を検索する