言葉:ベースコーチ | TriangleSight.Net

詳細情報

  • 検索ワード
  • ベースコーチ

  • 最終更新者
  • 最終更新日時
  • 2015/04/19 06:35

  • タグ
  • メッセージ
  • ベースコーチ(base coach)とは、野球で、一塁または三塁のコーチスボックス内に位置して、打者走者に指示を送る人のことである。
    ベースコーチの定義と役割は公認野球規則2.06項および4.05項に定められている。攻撃側のチームは、自チームの攻撃中、2名のベースコーチを一塁側および三塁側のコーチスボックスにつかせなければならない。ベースコーチはチームの一員であり、ユニフォームを着用することが義務付けられている。原則としてベースコーチはチームで指定した特定の2人に限られる。プロチームではたいていの場合、監督を補佐するコーチがこの任務を務める。ただし日本では、公認野球規則の4.05項に独自の【注】を設け、アマチュア野球ではベースコーチを特定の2人に限る必要はないとしている。しばしば控え選手がベースコーチとして出場してその任務にあたったり、ベースコーチを務めている選手が代打等で出場したり、そのために他の選手がベースコーチを代わったりする様子が見られる。ベースコーチには、公認野球規則1.16(e)項でヘルメットの着用が義務付けられている。これは、マイナーリーグの試合中、ベースコーチを務めていたマイク・クールボーが打球を頭に受け死亡した事故が起きたことが原因である。この事故を受けてアメリカでは、翌2008年からメジャーリーグも含めてベースコーチのヘルメット着用が義務付けられた。また、2009年に行われたワールド・ベースボール・クラシックでもベースコーチのヘルメット着用が義務付けられた。日本のアマチュア野球が2009年から、日本プロ野球では2010年日本で公認野球規則にベースコーチのヘルメット着用が明記されたのは2011年からであるが、それ以前も連盟や大会の規定、アグリーメントなどにより、ベースコーチにもヘルメットの着用は義務付けられていたから、韓国プロ野球では2011年シーズンからヘルメットの着用が義務化された。

"ベースコーチ" 寄稿者5一覧

編集者を閲覧する

関連動画

関連動画を検索する

関連画像

関連画像を検索する