言葉:ヤンソンの誘惑 | TriangleSight.Net

詳細情報

  • 検索ワード
  • ヤンソンの誘惑

  • 最終更新者
  • unknown user icon
    接続元IPアドレス:121.118.73.213
  • 最終更新日時
  • 2017/11/25 18:16

  • タグ
  • 関連画像
  • ヤンソンの誘惑's relation image

  • メッセージ
  • : Janssons frestelse, : Jansson's temptation)は、スウェーデンの伝統的家庭料理ヤンソン氏の誘惑(ヤンソンしのゆうわく)またはヤンソンさんの誘惑(ヤンソンさんのゆうわく)とも呼ばれている。
    グラタン料理の一種。スウェーデンではポピュラーな料理で、クリスマスの定番のご馳走でもある。じゃが芋を使ったポテトグラタンではあるが、通常のホワイトグラタンにあるようなベシャメルソースを作る必要もない。玉ねぎアンチョビを必ず使うのが特徴である。味の決め手となるのは塩辛さと甘みのある北欧のアンチョビ(ansjovis)である。北欧のアンチョビはイタリアンアンチョビと魚の種類も味も異なり、イタリアンアンチョビがイワシなのに対し、小さめのニシンの一種であるスプラットを使っている。味付けは塩だけではなく、各種スパイスと甘味料で風味をつけ、塩辛さと共に甘みもある。名前の由来は19世紀に実在したと言われる菜食主義エリク・ヤンソンという宗教家があまりにもおいしそうな見た目と匂いに勝てずついに口にしてしまったとされる事が多いが、スウェーデン人作家のGunnar Stigmarkは1989年に書いた"Så var det med Janssons frestelse"でヤンソンの誘惑の名づけ親は自身の母親であるとしている。この料理は古くからストックホルムの裕福な家庭ではおもてなし料理として人気のメニューで、当時は単に"アンチョビとジャガイモのキャセロール"と呼ばれていたが、1929年の新年パーティーでこのキャセロール料理を作ったGunnarの母はちょっとした思いつきで、1928年公開のEdvin Adolphson主演ヒット映画"Janssons frestelse"にちなんでそう呼んだと記している。また、オペラ歌手Pelle Janzon (1844-1889)に由来しているとの説もあり、実際のところははっきりとはしていない。

"ヤンソンの誘惑" 寄稿者19一覧

編集者を閲覧する

関連動画

関連動画を検索する

関連画像

関連画像を検索する