言葉:ラウンドロビン・スケジューリング | TriangleSight.Net

詳細情報

  • 検索ワード
  • ラウンドロビン・スケジューリング

  • 最終更新者
  • 最終更新日時
  • 2018/09/08 22:10

  • タグ
  • メッセージ
  • ラウンドロビン・スケジューリングは、オペレーティングシステムなどにおけるプロセスなどに関するスケジューリング規則のひとつで、単純な部類に分類される一種である。実行可能状態にあるプロセスに、順番にプロセッサを割り当てる。順番に交代する、という意の「ラウンドロビン」が名前の由来である。原始的なラウンドロビン・スケジューリングは単純で実装が容易であり、優先度をつけたり、他のアルゴリズムと併用しなければ、リソーススタベーションも発生しない。また、優先度のあるシステムにおいても、同一優先度のプロセス群への割当てに、ラウンドロビンを採用することもある。ラウンドロビン・スケジューリングはネットワークのスケジューリングなどにも適用可能である。無線ネットワークでは、多くのステーションが1つのチャンネルを共有するので、ラウンドロビン方式を使って各ステーションが定期的に送受信する機会を与える。ラウンドロビンは公正なアルゴリズムのように思われるかもしれない。しかし、各ステーションの通信品質や転送速度の違いを考慮していないため、必ずしも最適なサービスを提供できない。また、ネットワークの回線容量も確実に減少する。その主な原因は受信機が受信可能な状態かどうかを考慮せずにスケジュールするため、約半分の時間は受信不可能な受信機に時間を割り当ててしまうことにある。これに対して Proportionally-Fairスケジューリングは平均以上の確率で送受信可能なステーションとの通信をスケジュールすることができる。

"ラウンドロビン・スケジューリング" 寄稿者15一覧

編集者を閲覧する

関連動画

関連動画を検索する

関連画像

関連画像を検索する