言葉:仏女新聞 | TriangleSight.Net

詳細情報

  • 検索ワード
  • 仏女新聞

  • 最終更新者
  • 最終更新日時
  • 2017/01/31 18:13

  • タグ
  • メッセージ
  • 仏女新聞(ぶつじょしんぶん)は、主として近畿地方寺院を紹介する学級新聞の一形態で、取材・編集・紙面作成が一人で行われている。
    2012年6月に、奈良県生駒市在住の小学生(2016年11月3日時点では中学校1年生)により創刊された。NHK報道、朝日小学生新聞の報道によれば、紙面構成の工夫など新聞としての価値、また掲載される情報の正確さや文章表現の価値が評価され、子ども向けメディアのみでなく、新聞報道やテレビ報道で紹介されることが多い。小学校3年生で作成した創刊号の手書きバージョン紙面は、2016年11月3日NHK BSプレミアムシリーズ番組「ニッポンぶらり鉄道旅」「“古都に胸キュン”を探して−近鉄奈良線」の中で公開された。放送時点で41号まで発行されている。紙名は、仏像などのように仏教的な思想や形象を好む女性を指す造語仏女」が由来である。奈良県内の小学校において、仏像に関心を持った一人の児童が、郷土・奈良にある多くの寺院や仏像の魅力を同級生に伝えるために2012年6月に創刊した壁新聞である。ほぼ月刊で発行されている。紙面には、仏像の身体や表情から感じ取ったことが自らの見方・感じ方として記されている。記事は寺社関係者及び博物館関係者から一定の評価を得ており、しばしばテレビや新聞で紹介されている。2013年4月以降は逐次刊行物としてオンラインエディション、ペーパーエディションが発行されている。2013年4月号は、奈良市興福寺や東京・日本橋の「奈良まほろば館」でも配布された。奈良県生駒市生駒ふるさとミュージアム内で掲示されているが、不定期に東京国立博物館や展覧会ブースなどで配布されることもある。2013年10月27日朝日新聞朝刊特集面にて「平成25年度 京都非公開文化財特別公開」に関し、「仏女新聞 X 朝日新聞」と題するコラボレーション記事が掲載されているこの記事は非公開文化財特別公開にて配布された。また、この特別公開を扱った「仏女新聞」11月号は4か寺で配布されている。2013年11月4日読売新聞朝刊奈良地域面で、仏女新聞の発行者への漆金箔絵盤に関するインタビュー記事が掲載され、地元の奈良テレビ放送やミニFMなどにも出演している。2014年2月1日にオープンした奈良県生駒市の「生駒ふるさとミュージアム」の「子ども学芸員第1号」に任命されている。仏女新聞発行者は、当該施設の開館記念シンポジウムにおいて、「生駒と行基菩薩」と題した講演(事例報告)をおこなった。2014年8月東京国立博物館で講演をおこなった他、同年秋の正倉院展に関わって『仏女新聞』正倉院特集号を発行、読売新聞社ブースで掲示・配布されるとともに読売新聞紙面で報道されている。2016年第68回正倉院展に関わって『仏女新聞』正倉院展特別号を発行、読売新聞社ブースで掲示・配布されるとともに読売新聞紙面で「漆胡瓶愛 注いだ新聞」として紹介されている。紙面構成の工夫など新聞作成に関わる事例として朝日小学生新聞の新聞週間特集に取り上げられている。。東京国立博物館では「感性が豊か」で「内容も正確」であることから「一つの新聞として多くの人に手に取ってほしい」という趣旨で配布したそうである。東京国立博物館では2014年夏の企画として、仏女新聞社発行者による講演がおこなわれ、その日本テレビ系NewsZeroにおけるZeroHumanでもそのことが紹介されている。毎日放送ちちんぷいぷい』「ここはどこ?あなたダレ?」では、山本浩之アナウンサーと共に薬師寺、興福寺を取材する様子が紹介され、新聞作成のスタンス、作成過程、また新聞発行前より続く6年間のフィールドワークが紹介されている。2016年4月号もスタジオにて公開された。NHK BSプレミアムシリーズ番組「ニッポンぶらり鉄道旅」の「古都に胸キュンを探してー近鉄奈良線」放送回において、旅人の八田亜矢子に興福寺を案内している。その際、仏女新聞の最初期の活動として創刊号の手書きバージョンが紹介されている。

"仏女新聞" 寄稿者16一覧

編集者を閲覧する

関連動画

関連動画を検索する

関連画像

関連画像を検索する