言葉:光屈性 | TriangleSight.Net

詳細情報

  • 検索ワード
  • 光屈性

  • 最終更新者
  • unknown user icon
    接続元IPアドレス:110.135.230.205
  • 最終更新日時
  • 2018/09/02 21:54

  • タグ
  • 関連画像
  • 光屈性's relation image

  • メッセージ
  • コチョウラン属の例光屈性とは、光の入射方向に対応して、植物等の成長方向が変化する性質の事である光屈性 ーカルシウムが制御する屈曲方向ー片岡博尚 日本藻類学会。植物で良くみられる現象であるが、菌類などの他の生物でも観測される。植物の地上部は光の影になる部分に、成長を促す植物ホルモンオーキシン)を移動させ、日陰側の成長を促すことによって、日の当たる方向に向き、葉などが効率よく光合成できるよう成長するGoyal, A., Szarzynska, B., Fankhauser C. (2012). Phototropism: at the crossroads of light-signaling pathways. Cell 1-9Sakai, T., Kagawa, T., Kasahara, M., Swartz, T.E., Christie, J.M., Briggs, W.R., Wada, M., Okada, K. (2001). Arabidopsis nph1 and npl1: Blue light receptors that mediate both phototropism and chloroplast relocation. PNAS 98(12), 6969-6974.。光屈性は、光の方向に向かう性質を正、光とは逆に向かう性質を負とする。植物の根は、負の光屈性と重力屈性の両方の影響を受けて成長する。また、木などに巻き付く蔦などは、日を遮る物の方に向かう性質があるLiscum, E. (2002). Phototropism: Mechanisms and Outcomes. Arabidopsis Book 1-21.。

"光屈性" 寄稿者1一覧

編集者を閲覧する

関連動画

関連動画を検索する

関連画像

関連画像を検索する