言葉:六曜社 (喫茶店) | TriangleSight.Net

詳細情報

  • 検索ワード
  • 六曜社 (喫茶店)

  • 最終更新者
  • 最終更新日時
  • 2018/03/31 23:13

  • タグ
  • メッセージ
  • 六曜社(ろくようしゃ)は、京都市中京区大黒町の、河原町三条交差点の近くにある喫茶店。老舗喫茶店として知られる - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧 - 毎索にて閲覧。
    1950年に地下で開店し、後に喫茶店は1階へ移転して地下はバーになったが、1985年ころから、昼間の地下店も、自家焙煎コーヒーの店として営業を始めた。1階の店には「六曜社珈琲店」、地下の店には「六曜社地下店」という看板が掲げられている。高田渡は、京都に居住していた時期に、毎日のようにこの店に通ったといわれる - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧:三橋乙揶(シバ)へのインタビューにもとづく記事。豊田勇造の楽曲「コーヒーブルーズ」は、六曜社で高田と待ち合わせた経験を歌ったものである - 毎索にて閲覧。長く地下店のマスターを務めているのは、シンガーソングライターでもあるオクノ修(奥野修)である - 毎索にて閲覧。2010年6月17日、近傍で火災が発生し、消火のための放水によって店舗が水浸しとなり、しばらく休業を余儀なくされた。

"六曜社 (喫茶店)" 寄稿者3一覧

編集者を閲覧する

関連動画

関連動画を検索する

関連画像

関連画像を検索する