言葉:地球の太陽面通過 (天王星) | TriangleSight.Net

詳細情報

  • 検索ワード
  • 地球の太陽面通過 (天王星)

  • 最終更新者
  • 最終更新日時
  • 2016/06/01 11:03

  • タグ
  • メッセージ
  • 天王星における地球の太陽面通過(ちきゅうのたいようめんつうか)とは、天王星と太陽のちょうど間に地球が入り、太陽面を通過する天文現象である。
    天王星で地球の太陽面通過が起こるのは、紀元前125000年から125000年の25万年間で29404回である。前回は1988年6月20日、次回は2024年11月17日に起こる。なお、次回の地球の太陽面通過時、月は太陽面通過を起こさない。天王星における地球の太陽面通過は、約31.5年と約36.5年という太陽面通過を起こさない期間を挟み、約31.5年の期間の後は約8年間、約36.5年の期間の後は約9年間、約1年間の期間を置いて連続発生する。すなわち、約8年の期間は8回連続、約9年の期間は9回連続で約1年毎に太陽面通過が発生する。直近の数千年間では、約8年の期間では5月と6月、約9年の期間では11月と12月のみに発生する。この期間は少しずつ遅くなっているが、極めてゆっくりである。例えば、上記の月以外が発生するのは、3710年1月1日が最初である。また、8567年1月2日からは上記の月では全く起こらなくなり、1月と7月にしか発生しなくなる。

"地球の太陽面通過 (天王星)" 寄稿者6一覧

編集者を閲覧する

関連動画

関連動画を検索する

関連画像

関連画像を検索する