言葉:王命婦 | TriangleSight.Net

詳細情報

  • 検索ワード
  • 王命婦

  • 最終更新者
  • 最終更新日時
  • 2016/09/17 00:15

  • タグ
  • メッセージ
  • 王命婦(おうみょうぶ)は、『源氏物語』に登場する架空の人物。
    藤壺の侍女である。もともと中宮の信頼が厚かったが、光源氏の執拗な頼みに負けて、中宮のもとへと、光源氏を手引きしてしまい、光源氏と中宮が結ばれたために中宮が世間的には桐壺帝の子として、実は光源氏の子である皇子(後の冷泉帝)を産むことになる。このために一時、藤壺から疎まれることになる。「もののまぎれ」ともよばれる「臣下である光源氏が実は帝である冷泉帝の実父である」という、『源氏物語』第一部後半における光源氏の権力の源泉の発生に関わる重要人物である。後に藤壺中宮は王命婦のことを許し、自分の死後の心配(冷泉帝のことなど)を王命婦に打ち明けている。出自や家系については特に語られないが、呼称の「王命婦」が「王氏の命婦」のことであると考えられることから、皇族ないし源氏などの賜姓氏族に属する人物であると考えられる。

"王命婦" 寄稿者3一覧

編集者を閲覧する

関連動画

関連動画を検索する

関連画像

関連画像を検索する