言葉:自動車 | TriangleSight.Net

詳細情報

  • 検索ワード
  • 自動車

  • 最終更新者
  • 最終更新日時
  • 2019/05/21 03:23

  • タグ
  • 関連画像
  • 自動車's relation image

  • メッセージ
  • 乗用車(数名程度の人を乗せて走るための車)が圧倒的に多い。乗用車の群れの中に、トラック(貨物自動車)タンクローリーバスなどがいくらか混じる。フォード・モデルT(T型フォード)貨物自動車(貨物車)の例バスの一例。一度に数十名の人を運べる。オフロード車)もあり、街から離れた、道路があまり整備されていない場所への移動に便利である。オフロード車(en:Off-road vehicle)の多くは四輪駆動である。写真は川を渡りかかっているオフロード車。サーキット競走するためのレーシングカー自動車(じどうしゃ、car, automobile)とは、原動機の動力によって車輪を回転させ、軌条架線を用いずに上を走るのことgoo辞書 大辞泉(外部)
    大辞泉には、原動機の動力によって車輪を回転させ、軌条や架線を用いず上を走る、とある。鉄道とは異なり、専用の軌道を必要としないことから、進路の自由度が高い特徴がある。角川の1989年の国語辞典には「発動機の動力で軌道なしに走る四輪車」と記載されている。一般的には、原動機を持ち、車輪の数が3個以上で、かつ乗員が車室内に備えられた座席に座る構造を備えたものが「自動車」として認識されている。ただし3輪のものについては自動車として扱うか否か、分かれるところであり、事実、法令上の規定・扱いも国ごとに異なる。(#分類参照)英語の automobileフランス語を語源としている。日本語自動車という語は、先述の automobile(オートモービル)に由来しており、auto は「みずから」mobile は「動くもの」という意味を持つことから作られた。なお、同じ漢字文化圏でも中国語では別の語・汽車繁体字)/汽车簡体字)を用い、自動車という語は自動運転車の意味になる。また、英語でMotor vehicleモーターヴィークル)と言う場合には軌道を走る鉄道車両は含まれず、単に car といった場合、馬車や鉄道車両なども含めた車両全般を指す。自動車は、18世紀に蒸気機関を用いた蒸気自動車として登場し、19世紀にはイギリスやフランスで都市間を移動するためのバスに用いられるようになっていた。19世紀後半、1870年代から1880年代にかけてはオーストリアやドイツでガソリンの内燃機関を用いた自動車の制作や特許取得が行われた。1896年に米国のヘンリー・フォードもガソリン自動車を開発し、1903年に自分の名を冠したフォード・モーター社を設立し、まずは2気筒エンジンの小さな車の製造・販売を開始、1905年には4気筒エンジン車を販売開始、1908年には改良し(価格も比較的安く設定した)フォード・モデルTを発売し、大人気となり、1909年の1年間だけでも1万台を越える台数が売れ、米国で急速に自動車が普及してゆくことになり、米国ではそれまで街の大通りを走る車と言えば(裕福な人々が所有し、御者付きの)馬車ばかりだったのだが、その後 わずか10年ほどのうちに馬車の所有者たちはそれを自動車へと換えてゆき、米国の通りの景色は一変することになった。1910年代~1920年代には安価な大衆車も普及しはじめた。→#歴史自動車は基本的には、貨物を運ぶための実用の道具として用いられるものであり、人を運ぶこと(人の移動)では、たとえば通勤通学、客の送迎、顧客先訪問、 等々等々に用いられている。貨物を運ぶことに関してはトラック等を用いて、多種多様な荷物が運ばれており、陸上輸送に関して(鉄道が駅から駅への輸送しかできないのに対して、自動車は戸口から戸口へ(=建物から建物へ)と輸送できるという特徴があり小学館『日本大百科全書』「自動車」、かつての陸上輸送の主役だった鉄道を大きく超えて)現代ではほとんどの国で陸上輸送の主役である。また自動車は、実用性を離れて、愛着の対象となって趣味的に所有されたり、運転を楽しむため(スポーツ・ドライビング)に用いられるたり、整備すること("機械いじり")を楽しむために用いられることもある。また高級車の場合ステータスシンボルとして利用される場合などもある。自動車の分類法はさまざまあるが、構造による分類や使用目的による分類などがある。→#分類・種類
    自動車は世界中で大量に普及したため、大気汚染の原因となったり、その石油資源の消費量によって石油危機時のリスク要因となったり、道路上の自動車の過密状態などの問題を引き起こしている。課題の解決に向けた努力も続けられており、大気汚染防止のために行政は排気ガス規制を行い、自動車メーカーは消費する石油を減らすこと、つまり燃費の向上(低燃費エンジンの開発)を行ない、電気自動車ハイブリッド・カー水素自動車などの開発・販売も行われている)。自動車を動かすこと・操ることを運転と言い、ほとんどの国で、公道(一般の道路)での自動車の運転には免許(運転免許)が必要とされている。自動車の最初期の段階からすでに運転を誤る事故(交通事故)が発生した。自動車によって、怪我をさせられたり命を失ってしまう人やその家族という被害者が生じ、同時に運転者が加害者として生きていかなければならなくなることは、自動車普及後の社会が抱え続けている重い課題のひとつである。最近では単純な自動運転技術を越える、本格的な人工知能と高度なセンサー類を用いて人間の助け無しでも走行できる自動運転車も研究されており、AIならば人間が運転するよりも事故率が劇的に減るであろうと期待されてもいて、一部ですでに(実験的な)導入が開始しており、世界での本格的な普及開始の時期が近付いている。 →#負の影響自動車の生産は、部品となる様々な工業品があってはじめて可能となるので、他の様々な工業の振興、一次的工業品の製造とも関連する。その規模の大きさ、影響の大きさによって、政府にとっては自動車の製造は(一国の)経済を支える重要な産業となりうる。現在のところ、一握りの先進国が自動車の生産を独占してしまっているような状況にある。多くの発展途上国の政府が、自動車製造を行うために懸命の努力を行っている(例えば、先進国の自動車メーカーや政府と交渉し、自動車を輸入するだけでなく、自国内に製造工場などを設けさせる努力を続けている)のは、経済的な影響が大きいからである。→#自動車産業

"自動車" 寄稿者200一覧

編集者を閲覧する

関連動画

関連動画を検索する

関連画像

関連画像を検索する