言葉:菅谷八郎右衛門 | TriangleSight.Net

詳細情報

  • 検索ワード
  • 菅谷八郎右衛門

  • 最終更新者
  • 最終更新日時
  • 2016/07/03 16:44

  • タグ
  • メッセージ
  • 菅谷 八郎右衛門(すがや はちろうえもん)は、下野烏山藩家老。烏山藩の出身ではなく、三河刈谷藩の藩士の出身である。伯父の八郎右衛門が烏山藩士で、寛政5年(1793年)に伯父の養子となって家督を相続し、烏山藩の年寄格として180石を領した。烏山藩大久保家に仕え、大久保忠保の時代から二宮尊徳報徳仕法を手本にして藩政改革を行なう。しかし報徳仕法には藩内で反対の声が強く、天保8年(1837年)に病気に倒れ、天保9年(1838年)7月からは重病に陥って藩政をとれなくなった。これを機に反対派が強くなって12月には隠居させられ、天保11年(1840年)には領外追放になった。しかし烏山藩の藩財政難が深刻化したため、忠保により天保13年(1842年)12月に家老として復帰を果たす。しかし報徳仕法の効果は上がらず(一度廃止した仕法を行うことに反対派が強硬に反対し、多くの支援金を出した二宮も効果を上げられない菅谷を見限ったためという)、弘化2年(1845年)3月に病気を理由に隠居した。嘉永5年(1852年)1月8日に死去。享年69。

"菅谷八郎右衛門" 寄稿者3一覧

編集者を閲覧する

関連動画

関連動画を検索する

関連画像

関連画像を検索する