言葉:EXO | TriangleSight.Net

詳細情報

  • 検索ワード
  • EXO

  • 最終更新者
  • 最終更新日時
  • 2017/10/17 07:18

  • タグ
  • 関連画像
  • EXO's relation image

  • メッセージ
  • {{朝鮮の事物|title = EXO|picture-type =|picture =中国人メンバーであるクリスルハン、タオの3人が所属事務所SMに専属契約効力不存在確認の訴訟を提起し、所属グループEXOを離れて中国で独自に芸能活動を行うという問題が起きた。2014年5月15日、クリスがSMに対する専属契約効力の不存在確認訴訟をソウル中央地方法院に提起した。クリスは訴訟理由として会社が自身を付属品として扱い健康状態を考慮してくれなかった件を挙げ、『Overdose』でのカムバックを控えた時期に訴訟を進行し中国で芸能活動を開始した。同年10月10日、ルハンがSMに専属契約効力の不存在確認訴訟をソウル中央地方法院に提起した。訴訟提起前の9月11日、ルハンは自身のWeiboで9月13日と14日のタイ公演不参加を告げ、不参加の理由として長期間の過労による神経性頭痛、不眠、めまいのため医者から休むよう告げられたことを明かした。後日体調が回復したルハンは9月20日と21日の北京公演に参加したが、1st単独コンサート中である10月10日に訴訟を提起した。訴訟提起当日、ルハンは自身のInstagramに「」と投稿した。ルハンは訴訟の理由として、中国人メンバーの差別待遇、不合理な利益分配、健康不安を挙げ、クリス同様中国で芸能活動を開始した。SMは裁判所の最終的な確定判決があるまでは2人の専属契約は有効であると主張した。2015年2月4日にSMはルハン本人と広告主に対し中国の裁判所に正式訴訟を提起Kstyle|SM、EXOを離れたルハン&クリスの違法な芸能活動を遂に阻止…正式訴訟(外部)、3月27日にクリス4度目、ルハン5度目のSMとの調停が行われたが決裂したsoompi | Former EXO Members Kris and Luhan Once Again Fail to Reach Settlement with SM Entertainment(外部)。タオの訴訟問題は、クリスとルハン2人が離脱した翌年に起きた。4月16日、タオがSMとの契約を解除しEXOを脱退する予定であるとのニュースが中国の大手メディアによって報じられたが、SM側は「タオの脱退説は事実無根である」とコメントした。4月22日、タオの父が自身のWeibo上にタオのEXO脱退を示唆する内容の文を掲載、息子がスターとして韓国に残ることよりも息子の健康の方を選ぶとの意思を示し、タオは会社の支持を受けられず怪我を負ったとして親にとっての子の健康の重要性を訴えた。タオの訴訟の直接的な発端となった足首の負傷は、前述の中国メディアのタオ脱退報道とタオの父のWeibo書き込みの件が起こる2ヶ月前に起きた。2月2日のMBC番組『アイドル陸上大会』収録に参加したタオは競技中に転倒し足首を負傷した。この負傷以前に元々タオは怪我を負っており、2015年1月の2nd単独コンサートツアーでは激しいダンスを控えながら参加していた。タオは韓国と中国を行き来しながら治療とリハビリを続け、3月31日公開の『Call Me Baby』MVに出演した。カムバック記者会見にメンバー達と出席したタオは、以前より怪我の状態は良くなったがまだ無理ができないと報告した。4月2日にタオが自身のInstagramに「」と投稿した当日、タオが出演した『Call Me Baby』のカムバックステージがMnet『M Countdown』で放送された。タオは元々負っていた足首の怪我を押して同ステージの事前収録に参加、収録後に怪我が悪化し『SBS人気歌謡』収録参加を断念した。タオのEXOとしての活動は4月2日放送のカムバックステージが最後となったが、当時のタオはやむを得ず活動を休止し中国で休養しながら治療に専念している状態だった。中国メディアによる脱退説とタオの父のWeibo書き込みはその過程で起きたことであり、タオは治療を終えて回復し次第グループ活動に復帰する予定であると当時の韓国メディアは伝えていた。5月2日に中国北京で開かれた誕生日パーティでタオは復帰の思いを伝え、脱退に関しては一切言及せず、その後もタオ本人からの脱退に関する直接的な発言は無かった。5月5日、タオのInstagramプロフィールに記載されていた「EXO-TAO」が「Z.TAO」に修正された。6月11日、タオの父は自身のWeiboでタオの個人事務所設立を伝え、同日タオの個人事務所のWeiboアカウントが開設された。7月13日にタオのInstagramに「I'm back」というコメントつきでソロデビューアルバムのジャケット写真が投稿、ソロ歌手としての7月23日カムバック告知がなされた。タオが7月23日に中国で発表したソロアルバム関連の映像5つが、SMの著作権侵害申し立てにより公開1日で非公開となった。8月24日にタオは専属契約効力の不存在確認訴訟を提起、SM側はタオの違法な芸能活動に対し法律的に対処するとの立場を表明した。2016年6月28日にSM側は報道発表資料を通じて判決が下されるまでは3人はSM所属のアーティストであると主張した。クリスとルハンの訴訟問題は2016年7月に終結した。7月21日、ルハン工作室は公式Weiboで2016年7月19日24時に正式に双方の合意に到達したことを伝え、同日工作室もSNSでクリスとSM間の契約紛争が正式に終結したと述べた。SM側は訴訟代理人の報道資料を通じてクリスとルハンの声明で言及されていなかったSMとの契約存続および売上分配の件を公表、2人の専属契約が元契約通り2022年まで有効に存続すること、2人の韓国と日本を除く地域での活動はSMがマネジメントの権限を委託する形で行われ、クリスとルハンは中国内活動の売上をSMに一部支給することを明らかにした。2017年2017年4月28日、タオがSMに提起した専属契約効力の不存在確認訴訟で原告敗訴の判決が下され、タオの請求が全て棄却されたことが分かった。2017年10月現在タオの訴訟問題は未だに解決しておらず、これまでに計9回の弁論期日が行われている。

"EXO" 寄稿者150一覧

編集者を閲覧する

関連動画

関連動画を検索する

関連画像

関連画像を検索する