言葉:SET UP!! | TriangleSight.Net

詳細情報

  • 検索ワード
  • SET UP!!

  • 最終更新者
  • 最終更新日時
  • 2018/05/20 01:43

  • タグ
  • メッセージ
  • SET UP!!(セットアップ!!)は、文化放送で2011年度から放送されているラジオ番組。ナイターシーズンは、プロ野球中継のない日の雨傘番組として放送されるワイド番組であり、平日版週末版とがあるが、週末版は過去の雨天中止時の予備番組の内容の経緯上、全く内容が異なる。ナイターオフシーズンは平日版をベースとした内容として、2011年度と2013 - 2015年度にレギュラー番組として放送された。ここでは平日版と週末版を一括して触れる。=2007年度から2009年度の『斉藤一美 うるわしの夜』、2009年度オフシーズンから2010年度ナイターシーズンの『センパツ!』、2010年度オフシーズンの『菅野しろうのアナログ情報バラエティ しろバラ』の流れを引き継ぎ、文化放送の報道スポーツ制作部によって制作されるワイド番組。埼玉西武ライオンズの情報のほか、プロ野球やスポーツを中心とした様々な話題や音楽などを送る。また、『しろバラ』のコーナー「こちら 文化放送報道部 ニュース最前線」も本番組に移行して、継続する文化放送報道部ブログ パレードのあとで。: きょうから始まります。(外部) - 2011年4月5日付。当初はゴールデンウィークの時期が、初回となるはずであったが、東日本大震災の影響で、プロ野球の開幕が4月12日に延期された影響により、改編直後の4月5日からすぐに、4日連続で放送された。なお、ナイターシーズン中に中継予定の試合が雨天中止の場合も『セットアップ SET UP!!』として放送されるが、この場合は番組前半は、試合開催予定の球場からのライオンズ情報に費やされ、レギュラーコーナーの大半は放送されない。ただし、必要に応じて他球場からのリポートを交えることもあった。2011年度の『ライオンズナイター』は月曜の中継がある週を除き、火曜から金曜において移動日等でライオンズの試合予定がない場合でも、パ・リーグおよびセ・パ交流戦の試合予定(ライオンズの関与しない予備日を除く)さえあれば、原則として該当試合の中継を実施する方針となっていた。加えて東日本大震災の影響による日程変更により6月から7月にかけてライオンズが過密日程を強いられることから、本番組の放送頻度は『うるわしの夜』や『センパツ!』と比べると低くなっており、6月の交流戦終了後の放送の後は雨天中止バージョンしか放送されなかった(月曜ナイターの試合が行われる場合は、当初から試合の予定が組まれていない別の平日に本来月曜に放送されるべき定時番組を代替放送するケースもある)。しかし、その後の秋改編にて、2011年度のナイターオフの定時ワイド番組『文化放送スポーツ情報バラエティ セットアップ SET UP!!』として継続された。月曜日は槇嶋と高橋、火曜・水曜は槇嶋と小川、木曜・金曜は高橋と小川の組み合わせで放送。月曜日は「セットアップ M」(セットアップ・エム)、槇嶋担当日は「まきしま範彦 SET UP!!」(まきしまのりひこ セットアップ!!)、高橋担当日は「高橋まさいち SET UP!!」(たかはしまさいち セットアップ!!)のタイトルとなる。番組の冒頭では「野球のシーズンオフとシーズンインをつなぐ、文化放送のデイタイムとナイトタイムをつなぐ、ラジオとラジオの前のあなたをつなぐ番組」と言われることが多かった。2012年のナイターシーズンも2011年の同時期と同じ放送形態で放送したが、初めからナイターの予定が無い場合はフルバージョンで放送せず残りの時間を別の特番に充てるケースが増えた。また西武戦非開催で他のパ・リーグの試合がある場合にも、放送するケースが発生した。なお2012年オフシーズンは放送されないことが発表され、同年9月22日(土曜日に『ホームランナイタースペシャル』として放送)の回を以って一旦終了した。オフシーズン番組としての後番組は『田辺晋太郎 あなたへバトンタッチ』となるが、報道スポーツ制作部の関与は「ライオンズエクスプレス」「箱根駅伝への道」やニュースコーナーに留まることになり、『センパツ!』以来続くスポーツ色は一転して薄められた。2013年4月26日より、2011・2012年のナイターシーズンと同じ形態で放送を再開。高橋と小川は続投するが、槇嶋に代わって飯塚治がパーソナリティとして加わった(高橋と交代で担当)。加えて文化放送の野球解説者がゲストコメンテーターとして交代で出演するようになった(ただし、駒田徳広は週末に冠番組『満塁ナイト』を持っているためか、雨天中止版を除いて出演実績なし)。ただし日曜ナイターの定時枠解消により、これまで野球のない日曜日に放送されてきた『田原総一朗 オフレコ!スペシャル』と『K-POP COUNTDOWN』(夏場はさらに『甲斐よしひろのセイ!ヤング21スペシャル』も加わる)もライオンズナイター枠で受け入れることになった影響で、本番組が1時間のみの放送になるケースも生じた。2013年オフシーズンは、平日夜間の編成が大幅に見直された結果、『文化放送スポーツスクエア セットアップ SET UP!!』(ぶんかほうそうスポーツスクエア セットアップ!!)として、40分間ではあるがレギュラー放送が復活文化放送2013 秋の新番組(外部)。半年間担当した飯塚に代わり槇嶋が復帰。スポーツ情報に特化した内容となり、特集要素は『オトナカレッジ』や『フライデープレミアム』に任せる形になった。今回は火曜は槇嶋単独、水曜は槇嶋と小川、木曜は高橋単独、金曜は高橋と小川の組み合わせで放送。2014年以降もナイターシーズンは、高橋・槇嶋・小川の3名が続投の上で2013年度に準じた形態で放送されたが、文化放送解説者以外のライオンズOBもゲストコメンテーターとして随時起用されていた。オフシーズンについても2013年度と同様の形態で2014年と2015年も放送された。2016年は『ライオンズナイター』にスタジオ担当の女性アナウンサーが配置されるようになったため、雨天中止版の場合はそのアナウンサーがメインとなって進行する形態となった。また、それまで単独番組として放送されていた『プレイバック シネマへの旅』を、枠内コーナー『SET UP・シネマへの旅』(単独番組時のパーソナリティーであった高橋小枝子が、本番組パーソナリティとの掛け合いで進行)として随時放送するようになった。また、オフシーズンの編成を2012年度以前の構成へ戻すにあたり、新たなナイターオフ番組『情報ミックスバラエティ パズル』が開始されるため、本番組は4年ぶりにナイターシーズンのみの放送となった。2017年4月5日から2016年までのナイターシーズンと同じ形態で放送を再開。小川は続投するが高橋・槙嶋が揃って週末版『サタデースポーツフィーバー』へ移り、代わって2016年度キャリア採用組の片山真人・寺島啓太がパーソナリティとして正式に加わる(正式加入前の2016年9月16日にも代理でメインパーソナリティ経験あり)。しかし、このシーズンを最後に事実上『SET UP!!』としての放送は終了。本番組の後継番組として、ナイターオフシーズンは『ダッシュ!アミーゴ1号2号』、翌2018年のナイターシーズンは『Lプロ!』が、それぞれ開始されることになった。なお、前者では寺島が火曜・水曜パーソナリティ、片山が木曜・金曜パーソナリティ、小川が金曜アシスタントとして続投している。

"SET UP!!" 寄稿者26一覧

編集者を閲覧する

関連動画

関連動画を検索する

関連画像

関連画像を検索する